windowsでwifi接続の優先順位を変更する

今回は、Windowsでwifi接続の優先順位を編集する方法についてわかりやすく説明していきます。

最近、Windowsマシンで開発を行う機会があり、WiFi関連の設定など色々なWindowsのセットアップをしていたのですが、、、
Windowsには(windows10には)WiFiの優先順位の設定が無い!ということを初めて知りました。

そこで、Windowsでwifi接続の優先順位を変更する方法を書き留めておきます。

Windowsにはwifi接続の優先順位を並べ換える設定が無い!

私もこの事を知った時は目を疑ったのですが、Windowsには(windows10には)wifi接続の優先順位を並べ換える設定がありません

Windowsで現在記憶しているネットワークの一覧を見るには、
[設定] → [ネットワークとインターネット] → [Wi-Fi] → [基地のネットワークの管理]
と進むことで見ることができます。

この画面に「wifiの接続優先順位を並べ換える」というボタンがあってもおかしくはないのですが、、、
諦めましょう。無いです。(10分間windowsの設定項目を探し回った私の時間を返してください。)

windowsでは、wifiの接続優先順位は過去の接続状況などからwindowsが勝手に判断するらしいです。

でもでも過去に使ったことがあるからって、スマートフォンのテザリングに勝手に繋がって通信量を食ったり、
公共の無線LANに勝手に繋がってしまったりしては元も子もないですよね。

wifiの接続優先順位をwindows側で勝手に決められるのって、どうも気に食わないです。
(情報によれば、windows7まではwifi接続優先順位を設定する項目があったそうです。Microsoftはどうして改悪をしてしまうのか、、、。)

wifi接続優先順位を手動で変更する

では、wifiの接続優先順位を手動で変更してみましょう。
wifi接続優先順位の変更は、コマンドプロンプトを用います。

その1 : 現在の優先順位を確認する

まずコマンドプロンプトを用いて、現在のwifi接続の優先順位を確認してみます。
コマンドプロンプトを立ち上げて、以下のコマンドを実行します。
(コマンドプロンプトは、スタートメニューから「コマンドプロンプト」と打ち込むと出てくると思います。)

実行すると、以下のような結果が得られると思います。

表示されるSSIDの数や名前はそれぞれのPCによって異なりますが、
先ほどのコマンドを実行するとこのように、今現在PCが記憶しているネットワークの一覧が表示されます。

このネットワークのリストは上の方が優先度が高くなっており、このリストに載っているwifiが複数存在した場合には上の方のネットワークに優先的に接続されます。

その2 : netshコマンドでwifiの接続優先順位を入れ替える

では先ほど得られたwifiのリストをみながら、wifiの接続優先順位を変更してみます。
ここでは例として、先ほどのwifiリストの二番目にある”aterm-043202-g”というwifiを優先度を一番高くしてみます。

wifiの接続優先順位を変更するコマンドは次のようになります。

name=””の部分に優先順位を変更したいwifiの名前、interface=”Wi-Fi”、priority=1を指定します。

ここでは、”aterm-043202-g”というwifiの優先順位を変更したいため、次のようにコマンドプロンプトで入力することになります。

正しくコマンドが実行できたら、
「プロファイル “優先順位を変更したwifiの名前” の優先順位が正常に更新されました。」
というメッセージが表示されます。

正しく優先順位が変更されているかを確認するために、もう一度現在のwifi接続優先順位を確認するコマンドを実行してみましょう。

上記結果の通り”aterm-043202-g”が一番上に表示されており、接続の優先順位を無事変更することができました。

その3 : 接続の優先順位を任意の順位に移動する

先ほどのwifi接続優先順位を変更するコマンドですが、priority=1と指定していましたよね。

この部分を変更することで、wifiの順位を一番上だけでなく様々な位置に変更することができます。

以下の例でみてみましょう。

このように、priority=の部分を変更してあげることで、そのwifiの優先度を上から何番目に持ってくるかを指定することができます。

これで、windowsでもwifiの優先順位を自在に並べ替えることができるようになりましたね。

 

以上、windowsでwifi接続の優先順位を変更する手法についてでした。