Trackpad++を用いてWindowsで3本指スワイプを実現する

私のmacbookにはBootcampを用いてwindowsも入っているのですが、
windowsで3本指スワイプができないのが非常にイライラします

macに慣れてしまうと、windowsの使いにくさがどうも浮き彫りになりますね。

そこで今回はtrackpad++という便利なアプリケーションを用いて、windowsでも

  • 3本指スワイプ
  • 3本指タップ
  • 4本指スワイプ
  • 4本指タップ

といった高度なトラックパッドジェスチャーを使える方法を伝授しようと思います。

 

Trackpad++でできること

Trackpad++の設定画面はこのようになっており、
トラックパッドでのジェスチャーに対して様々な操作を割り当てることができます。

3本指の上下左右スワイプとタップ、4本指の上下左右スワイプとタップには
それぞれ以下のような動作を割り当てることができ、
この機能を用いることで、windowsでもmacのようなトラックパッド動作を実現することができます。

  • 何もしない
  • 戻る
  • 進む
  • スタートメニューのトグル
  • アプリ最小化のトグル
  • 通知センターのトグル
  • タスクビューのトグル
  • タスクバーのトグル
  • 中クリック
  • アプリケーションの実行
  • 前のワークスペース
  • 次のワークスペース

また、3,4本指操作以外にも、マウスポインタの速度
2本指スクロール時のスクロールの向き(ナチュラルスクロール)
設定可能となっています。

とても使いやすいアプリですので、windowsユーザの方には是非ともインストールしてほしいですね。

Trackpad++をインストールする

Trackpad++のページ

上のリンクを開き、右上のインストールをタップすることで必要なインストーラを入手できます。
リンク先のページでは、、、

1. Optional, but recommended, especially for Mid-2018 Macbook Pro:
(任意ですが推奨です。特にMid-2018年製のMacbook Pro。)

2. Please simply download and launch the Trackpad++ installer.
(Trackpad++インストーラをダウンロードして実行してください。)
Important notice: Trackpad++ installation will require one mandatory reboot!
(重要事項:Trackpad++のインストールの際には1度強制的にリブートされます!)

との説明があります。

この1,2の手順にしたがってインストーラをダウンロードし、
それぞれのインストーラを実行すればTrackpad++のインストール完了です。

Trackpad++をインストールする上での注意

1.のパワープランアシスタントツールは任意と書いてありますが、
筆者の場合は1.の手順をすっ飛ばしてみたものの動かず、
結局1.のパワープランアシスタントツールを入れないとTrackpad++は動きませんでした
(私のPCは2013年製のMacbook Pro)

2.のTrackpad++のインストールですが、インストール中に強制的にリブートがかかります。
今すぐリブートしますか?後からリブートしますか?なんて事は聞かれません。強制的です。
実行しているアプリがあれば落としてから、Trackpad++のインストーラを起動しましょう。

インストールが完了したら

インストールが完了したら、メニューバーのアイコンに、++というマークのインジケータが表示されていると思います。

この++のアイコンをクリックするとTrackpad++の設定画面を開くことができます。

3本指スワイプの動作を割り当てる

設定画面を開いたら、3本指スワイプの動作をワークスペースの切り替えに割り当てます。

上から2つめの項目の、”3 finger gestures”の項目内を以下のように割り当てます。

  • Swipe Left   →   Next Desktop
  • Swipe Right   →   Previous Desktop
  • Swipe Up   →   Task View Toggle
  • Swipe Down   →   Task View Toggle

これで、3本指スワイプをワークスペースの切り替えに割り当てることができました。

ついでに、Swipe Up, Swipe DownをTask View Toggleに割り当てましょう。
これで、MacのMission Controlのような動作(Macの3本指上スワイプで出てくる画面)を実現できます。

 

以上、Macマシン上のWindowsで高度なトラックパッドジェスチャーを使用する方法についてでした。