こんにちは。
私は某大学院で自律移動ロボットの分野について学んでいます。
vimのカスタマイズとコーヒーが大好きです。
自分の備忘録も兼ねて、今まで私が学んできた知識やPC関連のノウハウなど
皆さんのお役に立てるような事を記事にしていけたらいいなと思っています。
稚拙な文章ですが、読んでいただければ幸いです。

このブログについて

このブログでは私stryが愛用しているテキストエディタvimに関することや、自律移動ロボットの技術、ROSに関する事項、プログラミングやその他PC関連について公開していこうと考えています。
ページのレイアウトや文章の構成、図の配置など至らぬ点が多々あろうかと思いますが、よろしくお願いいたします。

リンクについて

当ブログはリンクフリーですので、公開後のページであればどのページにリンクしていただいても問題ありません。

免責事項

当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、正しい情報を提供することに務めてはおりますが、提供している記事の内容及びリンク先からいかなる損失や損害などの被害が発生したとしても、当ブログでは責任を負いかねます。

関連site :
数学の色々な関数を描画してくれるサイト

この投稿へのコメント

  1. 通りすがり said on 2020-11-23 at 13:34

    初めまして。
    https://sy-base.com/myrobotics/mac/mac_refind/
    の記事にコメントできませんでしたのでこちらから失礼いたします。

    当方の環境(MBA2020 macOS10.15.4 BootCamp-Windows10)にて動作しましたのでその報告です。
    https://www.youtube.com/watch?v=C5G9tr1JS_Y&vl=de
    上記Youtubeのコメント欄に記載されていました、リカバリーモードでの起動セキュリティユーティリティにて「セキュリティなし」にすることで解決します。
    ただし、動画などで「Y」ボタンを押す処理は当方では発生せず、新たなマウントが追加されております。

    • stry said on 2020-11-23 at 14:52

      コメントありがとうございました。筆者のT2セキュリティチップ搭載マシンでも、無事rEFIndのインストールが行えることが確認できました。
      貴重なコメントありがとうございます!

  2. yoshi said on 2019-06-21 at 18:09

    はじめまして。
    パーティションが統合出来なくて検索をしておりました。
    そして。「mac GUIで結合できないパーティションを結合する 公開済み: 2017年7月16日」の記事に行き着きました。
    当方は、ターミナルはほとんど使ったことがなく知識なくて記事を読みましたらコピペ作業で大丈夫みたいだったので
    やってみました。
    2回位やってもうまくいまず?うんと思い3度目の正直で出来ました。
    有難う御座いました。助かりました。
    原因は、コピペのさいに「$ diskutil eraseVolume Free Space not 」でしか変更しなかったのが
    原因でした。notもいらないみたいです。Spaceの後にディスク名を入れたら出来ました。
    2年位前の記事でした私にとっては助かりました。
    本当に有難う御座いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。