ブートローダrEFIndをmacに導入する

Mac PCでUbuntuやWindowsなど、OS X以外OSを起動するための必需品と言えばrEFInd。
rEFIndを用いれば、起動時にどのOSを立ち上げるかを選択できるようになります。

今回はこのブートローダーrEFIndをMacに導入する手順について説明していきます。

すでに導入済みの方は、rEFIndをカスタマイズしてみてはいかがでしょうか?
MYROBOTICS | rEFIndのテーマをカスタマイズする方法!

ブートローダーとは

ブートローダーとは,PCを起動する際にOSをハードディスクから起動するプログラムのことです。

macを起動すると自動的にOS Xが起動すると思いますが、macにubuntuやwindowsなどを入れ、複数のOSが混在している際に、どのOSで起動するかを選択する必要があります。
PC起動時に、どのOSを起動するかを選択する役割を担っているのがブートローダーです。

rEFIndによるOS選択の概要

ブートローダrEFIndを導入するわけ

MacではStartup Managerという起動OS選択ソフトがデフォルトで備え付けられています。(optionキーを押しながら電源ボタンを押すことでStartup Managerを立ち上げることができます。)

しかし、Startup ManagerではUbuntuのOSを発見することはできないのです。

試しに、Mac・Windows・Ubuntuの3つのOSをインストールしたMacマシンで、Startup Managerを立ち上げてみます。すると、、、

Mac備え付けスタートアップマネージャの動作

上の写真のように、Mac・Windowsがインストールされたディスクはリストアップされるのですが、Ubuntuがインストールされたディスクが見当たりません

そこで登場するのがブートマネージャーrEFIndです。rEFIndを使えば、Startup ManagerではできなかったUbuntuディスクの認識・起動ができるようになります。

rEFInd導入までの手順

rEFIndの導入手順は以下の通りです。

  1. rEFIndパッケージのダウンロード、解凍。
  2. Macをリカバリーモードで再起動
  3. rEFIndのインストール
  4. 再起動(起動時にrEFIndのOS選択画面が表示される)

rEFIndのダウンロード

まずはこちらのサイトからA binary zip fileをクリックしてrEFIndをダウンロードします。

http://www.rodsbooks.com/refind/getting.html

ダウンロードフォルダにrefind-bin-0.11.4というフォルダをダウンロードすることができたと思います。
バージョンは違っているかもしれませんので、各自で読み替えてください。(2019年4月現在のrefindの最新バージョンはrefind-bin-0.11.4)

筆者の環境では、Mac OS Mojave & refind-bin-0.10.8で動作することを確認しています。
(筆者がrefindを導入した時点での最新バージョンがrefind-bin-0.10.8だったため。皆さんは、最新のバージョンを入手すると良いでしょう。)

ダウンロードが完了したら、zipを適当な場所に解凍します。
以下では、~/Downloads フォルダ内に解凍したとして進めていきます。

リカバリーモードでの起動

セキュリティの観点から、通常起動状態でmacにrEFIndをインストールすることはできないため、
macにrEFIndを導入するためにはmacをリカバリーモードで起動する必要があります。

※Mac OS通常起動時にrefindのインストールを実行すると、
“Could not set boot device property: 0xe00002bc”
というエラーメッセージが表示されます。

リカバリーモードで起動するには、、、
Macの電源を入れた直後に command + R を押し続けることで、リカバリーモードでMacを立ち上げることができます。

リカバリーモードでの起動

リカバリーモードでの起動には少し時間がかかるので、しばらく待ちましょう。

起動すると、以下のような画面が表示されます。
トップバーのユーティリティを選択し、ターミナルを起動します。

リカバリーモードでターミナルの起動方法

refind-installの実行

このターミナル上で先ほどダウンロードしたrefindのフォルダ内にあるrefind-installという実行ファイルを実行します。
コマンドの先頭にあるドルマークは、ターミナルで実行しますという記号ですので、実際に打ち込むのは
/Volumes~ 以降の文字列になります。

コマンド中の <username> の部分とrefindのバージョンについては各自で該当のものに置き換えてください。

$ /Volumes/Macintosh HD/Users/<username>/Downloads/refind-bin-0.11.4/refind-install

rEFIndインストール時のターミナル画面

インストールしますか(YES/NO) ?と聞かれるので、
Y をタイプしてエンターキーを押します。

rEFIndインストール成功時のターミナル出力

“Installation has completed successfully.”
と表示されて入れば、rEFIndのインストールは成功です。

インストールが成功したら、ターミナルを閉じ、一度PCを再起動しましょう。
再起動すると、起動直後に以下のような画面が出てくると思います。

rEFIndのOS選択画面

このような画面となれば無事rEFIndのインストールは成功です。

ちゃんとOS XとUbuntu両方のOSが見えていることが確認できると思います。
(筆者の環境ではwindowsも入っているので、windowのアイコンも表示されています。)
あとは、起動したいOSのアイコンを矢印キーで選択し、Enterで決定します。

これで起動毎にどちらのOSで起動するかを選択できるようになりました。

MacOSのアップデートに関する注意事項

MacOSの大幅なアップデートを適用した際には、rEFIndが無効になってしまいます。2019年10月に提供が開始された、MacOS 10.14 Mojave → 10.15 CatalinaへのアップデートのタイミングでもrEFIndが無効になりました。

その際はもう一度

  • リカバリーモードで起動
  • refind-installの実行

の手順を踏めば使えるようになります。

macOSの大幅アップデートはそう頻繁にはありませんが、アップデートの際には必ず起こる問題ですので、このことは頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

追記
Ubuntuでupdate upgradeをしたタイミングでも同様にrEFIndが起動しなくなることがありました。(その際は自動的にubuntuで起動してしまいました。)
その時は上に記載した通り、もう一度リカバリーモードでの起動 → refind-installの実行を行えば、元に戻ります。

ダサいrEFIndのテーマを変更する

rEFIndのデフォルトのテーマはゴチャゴチャしていてデザイン性に欠けるので、背景の設定やアイコンのカスタマイズなど色々手を加え、オリジナルのrEFIndを手に入れましょう。

rEFIndのテーマをカスタマイズする方法!

皆さん、無事rEFIndを導入することができましたでしょうか。
以上、Macにrefindを導入する手順についてでした。