ubuntuインストール時にwi-fiが使えなかった場合の対処法

ubuntuを新しくインストールする機会があったのですが、その際にどうもwifiの設定がうまくできず苦戦しました。
最終的に解決することができたのですが、解決までに色々と試行錯誤がありましたので、備忘録も兼ねてここに書き留めておきます。

ubuntuでwifiが使えない!

ubuntuのインストールが無事終了して、いざwifiを接続するために設定項目を探る。

本来ならこのトップバーの中に扇型のwifiアイコンがあって、そこをクリックすると接続先を選択できるようになっています。(画像では正しく表示されています。)

しかし、私の場合は本来あるはずのこの扇型のwi-fiアイコンが見当たりませんでした。
何かのバグかと思いPCを再起動してみたのですが、wi-fiのアイコンは一向に出現しませんでした。

続いてwi-fiの設定項目を見に行きました。
[設定ウィンドウ] → [ネットワーク] と進むとネットワーク関連の設定項目が出てきますが、有線の設定は見つかるものの無線の設定項目は見つかりませんでした。
完全にwi-fiをUbuntuが認識してくれないような状態でした。

wifi設定の不具合が出た際の環境

このような不具合が出た際の環境を書き留めます。

  • ハード : macbook pro (early 2013 retina モデル)
  • OS : ubuntu GNOME 16.04 LTS
  • wi-fiカード : BCM4331

このような環境でした。

ちなみにwi-fiカードの確認は Ctrl + Alt + T で端末を起動して,以下のコマンドで確認することができます.
wi-fiカードの型番が判れば,ググったり掲示板で質問したりする際に情報を引き出しやすくなるのではないでしょうか.

試したこと その1

まずはじめに、firmwase-b43-installerをインストールしてみました。
ubuntuのwi-fiトラブルでググってみると、結構な人ががwi-fiトラブルで悩まされていました。
仲間がたくさんいるようで少し安心しました。笑
firmware-b43-installerは以下のコマンドでインストールすることができます。

このコマンドを適用すると、なんと、、、
ちゃんとwi-fiアイコンが復活し、wi-fiに接続することができました!

しかし、、、
一度繋がってはすぐ切れ、また繋がってはすぐ切れ。
なぜでしょう。頻繁にwi-fi接続が切れます。これでは仕事になりません。
別の解決策を模索します。

試したこと その2

そこでもう少し色々ググってみると、bcmwl-kernel-sourceというものを発見しました。
とにかくやってみるべし。bcmwl-kernel-sourceをインストールしてみます。

コマンドはこちら。

実行してみると、、、
先ほとど同じようwi-fiには繋がるのですが、やはり接続が切れることがあります。
こちらの方が接続が切れる頻度は下がったように思います。
これで使い物にならないという訳ではなくなったのですが、たまにwi-fi接続が切れるのが気持ちが悪いです。

別の方法を探してみましょう。

試したこと その3

さらにさらにググってみたところ、broadcom-sta-dkmsというものを発見しました。

インストールのコマンドはこちら。

はて。
治りません。

結果的に...

上記3つのコマンドをいろいろいじってみた所、
“bcmwl-kernel-source”
が私の環境では一番接続が安定した気がします。

その他 wi-fi接続を安定させる方法1

さらに色々調べてみたところ、追加で下記コマンドが有効かもしれません。

私の場合は dnsutils はもともと入っていましたが、traceroute が入っていませんでした。
これを入れると安定する場合があるかもしれません。

その他 wi-fi接続を安定させる方法2

IPv6をオフにする。
この設定をするだけで接続が安定するという情報がネットに転がっていました。

私の場合は変わりませんでしたが。

最終手段

クリーンインストール。
これに勝る解決策はありません。

ここまで試してダメなら、綺麗さっぱりした方が良いのではないでしょうか。

以上、ubuntuでwi-fiが繋がらなかった時の対処法についてでした。