Mac シェルスクリプトをコマンド化してDockに置いておく

ターミナルを使用して作業することが多い皆さんは、自分がよく使うコマンドをシェルスクリプトとしてファイルに保存しておいて、それを呼び出すこともあるかと思います。

実際私も、Macでもそのような使い方をすることがあります。

でも、わざわざターミナルを一度起動し、コマンドを入力するのが少し面倒でした、、、

そこで、今回は作成したシェルスクリプトコマンド化し、Dockからクリックで起動する方法を紹介します。

 

自作シェルスクリプトをDockに置く

自作シェルスクリプトをDockに置くことで、ワンクリックでコマンドを実行できるようになります。

例えば、このような感じになります。

私は、テキストエディタneovimを立ち上げるスクリプトと、自宅のnasにバックアップを取るスクリプトをコマンド化してDockに置いています。

 

手順1 : シェルスクリプトを書く

はい。書きましょう。

保存場所とかはどこでも良いです。

 

手順2 : 拡張子を変更する

作成したシェルスクリプトの拡張子を.shから.commandへと変更します。

拡張子を.shのままにしておくと、MacではシェルスクリプトはXcodeで開かれてしまいます。

拡張子を.commandにすることでクリック時にターミナルで開けるようになります。

 

手順3 : コマンドのアイコンを変更する

正直これはやらなくてもパフォーマンスに影響はありません。でもやります。

<before>

<after>

 

1.まずは画像を用意します。
何でも良いですが、pngで背景透過してあるものの方が見栄えが良いでしょう。
画像はコピーしておきます。

2. ファイルの情報を表示
作成した.commandファイルを右クリック -> 情報を見る。
ファイルの詳細情報を表示します。

3.画像をペースト

詳細情報画面の左上のアイコンをクリックし、コマンドvでペーストします。

これで無事、クソダサアイコンを変更することができました。

 

手順4 : ドラッグ&ドロップでDockに配置

後は作成した.commandファイルをドラッグ&ドロップでDockに落としたら完成です。

この時、Dockの縦線の右側(ゴミ箱側)にしか配置できませんので、ご注意を。

 

 

後はDockのアイコンをクリックすると、自動的にターミナルでシェルスクリプトが実行されます。

以上、Macでシェルスクリプトをコマンド化する方法についてでした。